« [セミナー] SPOFITノルディックウォーキングセッション@みどりと森の運動公園を」おこないます。 | トップページ | [セミナー] 田舟の里「自宅でかんたん!らくらく体操!」参加者募集 »

2020年11月11日 (水)

[セミナー]SPOFITノルディックウォーキングセッション@みどりと森の運動公園をおこないました。

先日のこと、会員登録をしている JNFA日本ノルディックフィットネス協会 から会報が届きました。その中に冨岡徹ナショナルトレーナーの「日本人と西洋人の歩き方の違い」というとても興味深いコラムがありましたのでご紹介します。

画像の取り扱いについて ※画像をクリックすると拡大表示されます。

20201110nw4

上の写真を見てもわかるように日本人は重心より前に足を着地させ一種のブレーキ作用が生まれてしまいます。そのブレーキが小さくなるように膝を曲げて力を吸収させ後ろ足に重心が移るのを待って歩いています。

一方、西洋人はいうと後ろ足を伸ばし切って推進力を発揮し前足にかかるブレーキに対し膝を伸ばしたまま足裏のローリングで重心が前足を超えるのを待って推進力発揮につなげています。

つま先を見ると西洋人は上がっているのに対し日本人はあまり上がっていません。

実際に着地時の音を聞いてはいませんが西洋人はカツカツ、日本人はペタペタといったところでしょうか。

これは全ての西洋人、日本人に当てはまるものではありませんが頷けるところが多々あると思います。

2020年11月10日(火)14時からタイトルのセッションを みどりと森の運動公園 を会場におこない男性1名、女性3名の計4名の方々にご参加いただきました。

新潟市は前日に初雪を観測したこともあり朝から冷え込みました。雨の心配もあってか皆さん足が向かなかったようですね。それでも少数精鋭で頑張ろう!と撮った写真がこちら↓注)お1人遅刻して写真に間に合いませんでした。

20201110nw-1

黄色く色づいた木をバックにしてみました。晩秋を感じませんか。少人数なので園外に出てみようと提案し1.2㎞程先の宮のもり木場城公園へ紅葉を見に向かいました。

20201110nw-2 20201110nw-3

思った通り公園内は綺麗に色づいた木々に落ち葉の絨毯が迎えてくれました。トイレ休憩と水分補給をした後は遅刻したAさんが待つ会場へ戻りました。Aさんが園路を4周歩かれたところに合流しましたので余った時間で1周だけご一緒することが出来ました。遅刻者も温かく迎え入れてくれる参加者の皆さま今回も大変ありがとうございました。

ここで今回嬉しかったことを少し書きますね。

1つ目:今月の初心者セミナーに参加されたOさんがリピートされたこと。

2つ目:Oさんのポールテクニックが気になりアドバイスしているとベテランSさんも一緒にレクチャーしてくれたこと。

3つ目:その甲斐あってOさんのフォームが改善され、ご本人が楽になったと喜ばれたこと。

寒空の下の開催でしたがとっても心が温かくなりました。本当にありがとうございました。

=====

今後の予定はこちら↓↓↓

開催日程は残すところあと2回のみ!

【みどりと森の運動公園】

■経験者セッション:14時~15時30分

11月17日(火)・24日(火)

=====

先述のJNFA冨田徹NTのコラム

では JNFA の目指すノルディックウォーキングとはどちらでしょうか?

ポールを自分の重心よりも前に置かれるとブレーキになりますから後ろ足の推進力にポールの助力を活かすことだそうです。もちろん股関節や腰や肩などに不安がある方は十分に気をつけなければなりませんね。ご参考までに。

[watabe]

|

« [セミナー] SPOFITノルディックウォーキングセッション@みどりと森の運動公園を」おこないます。 | トップページ | [セミナー] 田舟の里「自宅でかんたん!らくらく体操!」参加者募集 »

info ノルディックW」カテゴリの記事